AI絵本「勇者トムの大冒険 」キンドルで出版しました!

【SWELL推奨】Contact Form by WPFormsとreCAPTCHAの設定全手順〜4steps〜

当ページのリンクには広告が含まれています。
Sana

こんにちは、娘から自分宛への手紙かと思い期待して読んだら、
「まま だいすきだよ」ではなく「まきま だいすきだよ」(byチェンソーマン)だったSanaです♪

本記事では、お問い合わせフォームプラグイン【Contact Form by WPForms(WPForms Lite)】で、お問い合わせフォームの設置からreCAPTCHA設定まで一気にできる全手順を26枚の画像を使用しながらご紹介いたします!
ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです♪

This article is for you
  • お問い合わせフォームのプラグインはどれがよいか悩んでいる
  • 初心者でも簡単に設置できるシンプルなお問い合わせフォームを作りたい
  • スパム・迷惑メール対策も一緒に設定したい

〜遡ること5分前〜

Sana

どきどきどきどき

Sana

Monica先輩いますか

Monica先輩

Haaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaai!!!!!
大きな木の下で待っていたわ、ずっと♪

Sana

よかった、そんなところにいたんですね(笑)

Monica先輩

それで、今回のお悩みは何かしら

Sana

今回は、簡単に作れるお問い合わせフォームの作り方を教えてください!
Contact Form7以外に、使いやすいものがあったらお願いします!

Monica先輩

OK?Let’s get started

CONTENTS

Contact Form by WPFormsとは?

お問い合わせフォームのほかに、お申し込みフォームなどが直感的に作れるプラグインです。

無料版では「WPForms Lite」という名前になります。

参考《WPForms公式ページ》https://ja.wordpress.org/plugins/wpforms-lite/

Monica先輩

ドラッグ&ドロップで直感的に作れて、レスポンシブにも対応!

設置するまで全体の流れ〜4steps〜

STEP
WordPressにプラグインの「WPForms」をインストール
STEP
お問い合わせページを作成
STEP
reCAPTCHAを設定
STEP
お問い合わせフォームの編集
Sana

それでは実際に進めていきましょう!

【手順1】プラグイン「WPForms」をインストール・有効化する

  • WordPressの管理画面左側のメニューより「プラグイン」→「新規追加」をクリック

  • プラグインの検索窓に「WPForms」と入力
  • 「今すぐインストール」→「有効化」をクリック

【手順2】お問い合わせページを作成する

  • WordPressの管理画面「WPForms」→「新規追加」をクリック

  • 「フォームに名前をつける」の欄に「お問い合わせ」と入力
  • 「簡単なお問い合わせフォーム」の「テンプレートを使用」をクリック

  • 一旦ここでは何も編集せずに、「埋め込む」をクリック

  • 「新規ページを作成」をクリック

  • 「お問い合わせ」と入力
  • 「行きましょう」をクリック

以上でお問い合わせフォームの新規固定ページが作成されました!

※固定ページ内でお問い合わせフォームの中身を編集することはできません。「名前」、「メール」、「コメントまたはメッセージ」などの内容を編集する方法はこちらまで飛んでいけます。

  • 画面右側「URL」の中の「パーマリンク」を日本語から英語「contact」などへ変更
  • 公開ボタンをクリック

  • これで公開ができました!同じ手順で作成するとこのような基本的なフォームが表示されているはずです。

【手順3】reCAPTCHAを設定

reCAPTCHAとは?

reCAPTCHA(リキャプチャ)とは、スパム攻撃対策の一つです。スパム攻撃とは、無差別かつ大量にばらまかれる迷惑メールやメッセージのことです。

ホームページに必須なお問い合わせフォームなどを設置すると、botによる攻撃を受ける可能性があります。それを防ぐためにreCAPTCHAを設定して、Webサイトの安全性を高めることができます。

Sana

スパムは英語だけでなく日本語でもきたことがあるので、うっかり添付のURLにクリックしそうになり、危ないところでした。

Monica先輩

クリック、だめ、ぜったい

事前準備

reCAPTCHAの導入をするために必要な事前準備

  • Googleアカウントの取得(個人で使用しているものとは別のアカウント作成を推奨)

reCAPTCHAに登録

  • reCAPTCHA公式サイトにアクセス

【reCAPTCHA】公式サイト

  • 「v3 Admin Console(v3 管理コンソール)」をクリック

  • ラベル名(HPのドメイン名)・reCAPTCHAタイプ(非表示reCAPTCHAバッジ)・ドメイン・同意チェックを設定→送信

WPFormsでは非表示reCAPTCHAバッジが推奨されています

【参考】https://wpforms.com/docs/setup-captcha-wpforms/

APIキーの取得

  • ①「サイトキーをコピーする」
  • ②「シークレットキーをコピー」

WPFormsにreCAPTCHAを設定

  • WordPressの管理画面「WPForms」→「設定」

  • 「CAPTCHA」→「reCAPTCHA」を選択

  • 「Invisible reCAPTCHA v2」を選択
  • 先ほどコピーしたサイトキーとシークレットキーを貼り付け→設定を保存

お問い合わせフォームにreCAPTCHAを設定

  • WordPressの管理画面「WPForms」→「すべてのフォーム」→「お問い合わせ」をクリック

  • 画面左「reCAPTCHA」をクリック(画面右上にバッジが表示されます)→「保存」をクリック

以上でお問い合わせフォームとreCAPTCHAの設定が完了しました!

お問い合わせフォームのテスト

  • 画面右下あたりにreCAPTCHAバッジが表示されているかを確認

  • お問い合わせフォームからテストメールを送ると、メッセージが表示されます(初期設定は画像のメッセージと異なります)

  • テストメールを送ると管理者宛にメールが届きます

「なりすましメール」と判定される場合:正常です。

メールが届かない場合:迷惑メールフォルダに振り分けられている可能性があります。

以上でお問い合わせフォームのテストが完了しました!

【手順4】お問い合わせフォームの編集

作成したお問い合わせフォームの項目を編集したい場合、以下の手順で編集できます。

  • WordPressの管理画面「WPForms」の「すべてのフォーム」をクリック
  • 「編集」をクリック

  • 「名前」のあたりをクリックして選択
  • ラベル「名前」→「お名前」
  • フォーマット「名、姓」→シンプル

  • 「メール」のあたりをクリックして選択
  • ラベル「メール」→「メールアドレス」

  • 「コメントまたはメッセージ」のあたりをクリックして選択
  • ラベル「コメントまたはメッセージ」→「お問い合わせ内容」
  • 「必須」をオン
  • 「保存」をクリック
  • 「設定」をクリック

  • 「一般」をクリック
  • 「送信」ボタンのテキスト・「送信」ボタン処理中のテキストの変更がある場合は変更

  • 「通知」をクリック

【送信先メールアドレス】

「スマートタグを表示」→メールアドレスをクリック

【変更後】{field_id=”1″}, {admin_email}

※{field_id=”1″}は、お問い合わせフォームに入力されたメールアドレスです。

{field_id=”1″}と{admin_email}の間に「, 」を追加するのを忘れずに!

【メール件名】
お問い合わせを受け付けました

【メールメッセージ】

ご連絡ありがとうございます。3営業日内にご返信させていただきます。

{all_fields}

  • 「保存」をクリック

  • 「確認」をクリック
  • 「確認メッセージまで自動的にスクロールする」→OFF
  • 「保存」をクリック

以上でお問い合わせフォームの編集が完了しました!

Sana

お疲れ様でした!
ここまでで基本的なお問い合わせフォームとreCAPTCHA設定までが完了になります。
必要に応じて何回かテストをしてみてくださいね。

まとめ

お問い合わせフォームの設置からreCAPTCHA設定まで一気にできる全手順をご紹介いたしました。

WPFormsは複雑な工程なく簡単に作れるお問い合わせフォームを探している方に是非おすすめです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(^o^)

Sana

今後はAIツールや、Chat GPT関連も学びながら記事にしていきたいと思います!

よかったらシェアしてください♡
  • URLをコピーしました!

♦︎♢この記事へのあなたの感想を、ぜひ教えてください♦︎♢

コメントする

CAPTCHA

CONTENTS